« WBC優勝おめでとう! | トップページ | 太極拳の達人 »

2006年4月 8日 (土)

塩谷信男先生自伝と正心調息法

 最近、急に塩谷信男先生自伝「百事如意」の購入依頼が増えてきた。

 先生を尊敬し、正心調息法を実践されている方々が、現在も多くおられる事が分り、感激している。

 僕自身、心機一転、さらに熱心に呼吸法に打ち込み始めているところである。

 正心調息法を25回、心を込めてやると、気分は爽快となり、心はドーンと安定し、心身ともにエネルギーに満たされている事を実感する。

 そして、どんな困難な事でも、成し遂げられる自信に満たされる。

ただ、結構時間が掛かる。僕の場合、40分以上も掛かってしまう。

 正直に告白すると、過去、何度か挫折し、中断した事がある。

 時間が掛かりすぎて、忙しい時など面倒になり、そのうち、止めてしまったのである。

 しかし、一度味わった正心調息法の素晴らしい効果は、いつも心に残り、そのうち再開するのであった。

 もう、何年も続けており、今後、中断する事はないと思う。

 律儀に25回、一遍にやろうとすると、過去の僕のように挫折してしまう人々が、これからも出てくるかもしれない。

 そのような方々にアドバイスしたい。

 呼吸法は、必ずしも一度に25回、やり遂げる必要はない。例えば、5回だけで終了し、次にまた、5回、あるいは10回と、細切れにやってもいいのである。これは、塩谷先生も同意されていた事である。そして、合計25回はやって欲しいとの事であった。

 ただ、僕の意見では、全くやらないよりは、1日に5回だけでもいいから、とにかく継続する事が重要である。

 すると、次第に、その効果に魅了され、25回どころか、30回、あるいはそれ以上にやるようになるのである。

 そして、これも塩谷先生の願いであるが、大断言を必ず唱えて欲しいのである。さらに言えば、日常生活で、思いついた時は、呼吸法に関係なく、何度でも唱えて欲しい。

 例えば、僕は、車を運転中、信号待ちの時は、必ず大断言を唱える事が習慣になっている。

 健康と繁栄、そして”大和の御世”の実現のため、正心調息法を実践しましょう。

|

« WBC優勝おめでとう! | トップページ | 太極拳の達人 »

コメント

「百事如意」ありがとうございました。
吸息のコツは、森信三先生の「丹田の常充実」にも通ずるとも思い、毎朝実践しています。
正心調息法を毎日持続して実践する人が増えることは本当に嬉しいことです。

投稿: GAIA | 2006年4月12日 (水) 06時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135474/9479802

この記事へのトラックバック一覧です: 塩谷信男先生自伝と正心調息法:

» 欲しい本ブログ これは欲しい [欲しい!! 僕の欲しい 本 もの 情報 ]
これは欲しいって本が出てました。雑誌PENで連載されていたものです。 8年150記事。 [続きを読む]

受信: 2006年4月22日 (土) 21時54分

« WBC優勝おめでとう! | トップページ | 太極拳の達人 »