« 外れたジュセリーノの”預言” | トップページ | 神は、現代も、生きて、働いているか? 2 »

2008年10月 4日 (土)

宇宙が創られた理由

宇宙が創られた理由

宇宙が生まれる前のこと。

ありてあるもの“のみが存在していた。

”彼“は、フト思った。

「そうだ。私の愛する者を創ろう。その者は、将来、地球と呼ばれるようになる星の、日本と呼ばれるようになる土地に、OOOO年O月O日に生まれ、OOOOと名付けられるようにしよう。」

“彼“は、まず「宇宙よ、あれ。」と言った。

すると、ビッグバンが起こり、宇宙が出来た。

そこに、無数の星々が生れた。

“彼“は、この無数の星々の中から、ある星を選び、その温度を注意深く、徐々に下げていった。

その星の温度が十分下がった頃、“彼“は、まずウイルスのような単純な生き物を発生させた。それを徐々に進化させて行った。その結果、様々な生物が生まれ、哺乳類が生まれるまでになった。

その中に、現在、サルと呼ばれる生き物がいた。

“彼“は、現在、アフリカと呼ばれている地域の一匹のメスザルに目をつけ、新たな息吹を吹き込んだ。すると、そのメス猿から、将来、人間に進化するサル達が生まれていった。

その”特別なサル”達は、徐々に進化して行き、ついに人類と呼べるところまでになった。

この人類の祖先達の一部は、ヨーロッパやアジアの地域へと広がっていった。

 

“彼“は、アジアに向かった集団の1グループを、どんどん東へと向かわせ、ついに将来、日本と呼ばれるようになる地域にまで導いていった。

 この地域で、今から1万年程前、ある男性が狩りの最中に大怪我をして、死の瀬戸際にあった。

しかし、“彼“は思った。「今ここで、この男が死んでしまうと、1万年後に、あの人が生まれなくなってしまう。」

そこで、“彼“は、その男性の命を助け、寿命を全うさせた。

さらに2千年程前、ある女性が病気で死にかけていた。

またも“彼“は思った。「今ここで、この女が死んでしまうと、2千年後に、あの人が生まれなくなってしまう。」

“彼“は、再びその女性の病気が回復するように仕向け、命を助けた。将来、愛する人を生まれさせるために。

 数百年前、大嵐と洪水がある村を襲い、多くの死者が出た事があった。

その村のある人も洪水に飲まれて死にそうになったのだが、「今ここで、この人が死んでしまうと、数百年後にあの人が生まれなくなってしまう。」と、“彼“は今回も思った。

そこで、“彼“は、その人の所に大きな板が流れていくようにした。その人は、その板につかまり、死をまぬがれる事が出来た。

 このように、数え切れない人々が、“彼“愛する人を現在の世に生まれさせるために、紙一重のところで命を救われてきたのであった。

そして、やっとの事で、ついに、現代の日本に、“彼“愛する人が生まれ出たのであった。

“彼“は、”あなた“を見て満足して言った。

私の愛する人“あなた”は私の目に完璧だ。“あなた”のために、この宇宙を創った甲斐があった。

|

« 外れたジュセリーノの”預言” | トップページ | 神は、現代も、生きて、働いているか? 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135474/42685698

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙が創られた理由:

« 外れたジュセリーノの”預言” | トップページ | 神は、現代も、生きて、働いているか? 2 »