« 万一に備えて・・。 | トップページ | 資産防衛・投資の基本 »

2011年9月17日 (土)

塩谷信男先生と相曾誠治先生

生前、塩谷先生は、”大和のみ世”が実現するには、陽の国の代表である日本今上天皇と、陰の国の代表であるユダヤ人の代表(キリストの過去世を持つ女性と言われている)のウケヒ、すなわち手を結ぶことが必要であると言われていた。

相曾先生の講演DVDを拝聴していると、相曾先生も、「真の世界平和の実現のためには日本とユダヤが協力する事が必要である」、と述べておられる。

奇しくも、2人の霊的巨人が同じ事を述べておられる事は、極めて重要である。

人類の未来は、この2つの民族に懸かっているようだ。

また、相曾先生は、講演の中で”大和(だいわ)”という言葉も使われている。

先生は、塩谷先生の事をご存知であったと確信している。

余談であるが、相曾先生は、塩谷先生の過去世であられる老子を、大国主神の分け御霊であると述べておられる。

これは、霊的にとても重要な意味を持つ。

出来るだけ多くの人々に、塩谷先生関連の著書、相曾先生関連の著書を読んで頂きたいと思う。

そして、塩谷式正心調息法と大断言、相曾先生の仰る日拝鎮魂法を実行して欲しいと切望するのである。

|

« 万一に備えて・・。 | トップページ | 資産防衛・投資の基本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135474/52758053

この記事へのトラックバック一覧です: 塩谷信男先生と相曾誠治先生:

« 万一に備えて・・。 | トップページ | 資産防衛・投資の基本 »