« 宇宙無限力の超活用 | トップページ | 一人さんのお姉さん »

2011年11月20日 (日)

ナタリー・ウッドの死について(ミャンマーの大僧正)

先ほど、テレビニュースで、ナタリー・ウッド(名画、ウエストサイド物語のヒロイン)の死因について”新しい情報がもたらされた”という報道があった。

以前から書こうと思っていた、E師というミャンマーの大僧正との出会いがある。

その大僧正は、若いころアメリカに住んでいた(大学生の頃と思われる)のだが、当時、何とナタリー・ウッドと同棲しており、しかも彼女から結婚を申し込まれていたという。

僕がミャンマーで彼に出会った時、いろんな事を話し合った。

その際、ナタリー・ウッドの死因について「彼女の最後は、確か、事故による溺死でしたね。」と僕が言うと、彼は「違う。彼女は殺されたのだ。」と言ったので驚いた。

「何故、それを知っているのですか?」と尋ねると、「彼女が亡くなった時、彼女の霊が”今死にました。”とあいさつに来たのだ。その時、彼女が殺される場面が見えたのだ。」と言う。

「では、犯人を知っているのですね?」と言うと、「そうだ。」と答える。

「何故、警察に届けなかったのですか?」と言うと、「私は僧侶であって、警察ではない。」と静かに(少しそっけなく)答えたのであった。

なお、ナタリー・ウッドはどうしても飲酒を止めなかったため、彼女のプロポーズは断ったと言う。

「酒を飲む女とは結婚する気はなかった。両親も、飲酒をする外国人の女との結婚には大反対だった。」との事。

これから、10年以上も前の彼との驚くべき出会いについて、記憶が薄れていかないうちに、少しずつ書いていこうかと思う。

|

« 宇宙無限力の超活用 | トップページ | 一人さんのお姉さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135474/53285733

この記事へのトラックバック一覧です: ナタリー・ウッドの死について(ミャンマーの大僧正):

« 宇宙無限力の超活用 | トップページ | 一人さんのお姉さん »