« 患者との会話:お年寄りってカワイイ! | トップページ | 自分自身の言霊 »

2013年3月14日 (木)

映画:陰陽師Ⅱについて

昨日、テレビのロードショーにて「陰陽師Ⅱ」が放映されていた。

楽しめる内容であったが、ストーリーのもととなっている出雲朝と大和朝の争いは、史実ではない。

古事記や日本書紀だけでなく、秀真伝等、殆どの古文献は日本の伝統・文化を破壊するために書き換えられている。

天照皇美神と須佐之王神は、仲の良い御姉弟神様であったし、熊襲征討の話も史実と異なる。

はなはだしいものでは、天照皇美神は男神であったとするものまである。

ダマされないよう、気をつけましょう。

ちなみに、日本武命(やまとたけるのみこと)の御名は、神倭十二代 景行天皇 の皇子、小確命(おうすのみこと)が、平和裏に和睦した熊襲の指導者から献上された御名である。

詳しくは、「不思議な記録」シリーズ、特に第19巻をお読みください。

|

« 患者との会話:お年寄りってカワイイ! | トップページ | 自分自身の言霊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135474/56950604

この記事へのトラックバック一覧です: 映画:陰陽師Ⅱについて:

« 患者との会話:お年寄りってカワイイ! | トップページ | 自分自身の言霊 »