« 神人:高橋宥明、長南年恵 | トップページ | ミャンマーの大僧正7:帰国 »

2013年4月29日 (月)

神人:高橋宥明、長南年恵2

山形県人さん、コメント、ありがとうございました。

山形県は、是非、訪れてみたいと思っています。

塩谷先生のお生まれになった上山市、長南年恵様のお生まれになった鶴岡市、高橋宥明上人のお生まれになった南陽市等、是非訪れてみたい。

鶴岡市を訪れる際は、長南様のお墓のある般若寺、また御霊が祀られている淡島大明神にお参りしたい。

また、南陽市を訪れる際は、宥明上人のお墓は勿論、上人が弘法大師と出会われた仙縁石も、是非訪れたいと思っている。

それにしても、長南様と僕の住む千葉との浅からぬ縁を知り、驚いている。

長南年恵氏の遠祖は菅原道真であり、その子孫の菅原善智麿が、927年(平安時代)に千葉の長南に土着して長南次郎を称し、長南氏の祖となったと言うのである。

山形県に、この3人の霊的巨人達を記念する記念館のようなものがあったら、どんなにか素晴らしいのに、と思うのである。

|

« 神人:高橋宥明、長南年恵 | トップページ | ミャンマーの大僧正7:帰国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135474/57273899

この記事へのトラックバック一覧です: 神人:高橋宥明、長南年恵2:

« 神人:高橋宥明、長南年恵 | トップページ | ミャンマーの大僧正7:帰国 »