« 悔いのない人生 | トップページ | 人生の意味2 »

2013年8月 7日 (水)

人生の意味

最近、道を歩いている時に、フト立ち止まり、周囲をしげしげと眺めることがある。

神様の創られたこの世界を確認しているのである。

青い空、流れる白い雲、道を歩く人々、遠くに見える建物や木々の緑・・・・。

「なんて美しく素晴らしい世界だ!」と感動するとともに、この世界を十分に味わい、幸せな人生を送らなければ、神様に対し申し訳ない、と強く思うのである。

ただ、そのような事を考えている自分は、少し変わっているのでは、という微かな思いも感じていた。

ところが、アフィリエイトで紹介している「喜びから人生を生きる!」の著者も、臨死体験後に同じような事を感じているとわかり、ほっとした。

ガンの末期で、もう数時間以内の命と思われた状態から、臨死体験後、奇跡的生還を果たした著者の体験は、多くの人々に勇気と希望を与える事だろう。

その著書の中から、感動した文章を幾つか紹介しよう。

私は存在するだけで、無条件の愛を受ける価値があったのですそのために何もする必要はないとわかりました。祈ることも、お願いすることも、何一ついらないのです。」(p205)

全宇宙は無条件の愛からなり、私はその1つの表現なのだと実感しました。あらゆる原子、分子、クオーク、テトラクオークも愛でできています。私は愛以外の何ものにもなりえません。なぜなら、それが私の本質であり、全宇宙の性質だからです。」(p211)

ネガティブに見えるものでさえ、無限で、無条件の愛のスペクトルの一部なのです。宇宙の生命エネルギーとは愛であり、私は宇宙エネルギーからなっているのです。」(p211)

ただ自分に正直であればよいのです。」(p211)

|

« 悔いのない人生 | トップページ | 人生の意味2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135474/57946460

この記事へのトラックバック一覧です: 人生の意味:

« 悔いのない人生 | トップページ | 人生の意味2 »