« 訳者からのお礼のメール | トップページ | 大東亜戦争の意義 »

2013年10月 5日 (土)

アニータ・ムアジャーニの珠玉の言葉2:病気の原因とは?

”臨死体験中、私のガンを招いたのものは、自分の恐れだったとわかりました。”

”ガンは、私が表現しなかった力やエネルギーなんだわ!それが外側ではなく内側へ向かってしまい、私の身体に対抗したんだ。”

”私の見方では、現代の病気の多くは、実際には精神的な病が身体に現れたものです。”

      「喜びから人生を生きる!」(ナチュラルスピリット社)

日本人の死因の第一位で、且つ誰もがなりたくないと思っている病気が”癌”ではないだろうか?

多くの癌患者の治療にあたり、その最後に立ち会ってきた者として、亡くなった方々の記憶は、現在も重苦しく残っている。

安らかな最期を迎えた方もいたが、肉体的苦痛と恐怖感の中で亡くなって行かれた方々も少なくなかった。

自分の無力さ、不甲斐なさを強く感じ、僕自身もかなり落ち込んだものだった。

当時の事を思い出すと、今、こうしてブログを書いている最中も胸が締め付けられ、涙が出そうになる・・。

(深呼吸を一つ)

ガンの原因として様々なものが挙げられている。

食事、化学物質、運動不足、加齢等々。

僕は以前から、あらゆる病気だけでなく、事故でさえも、その原因を突き詰めて行くと人間の”意識”に行き着くと思っていた。

実際、以前、何度もクリニックで行っていた”ミニ健康講座”では、その事を詳しく説明し、その解決法の一つとして、正心調息法を指導して来たのだ。

アニータが臨死体験で持ち帰った知識も同じ結論である事を知り、再び強く確信できたのであった。

そして、”意識”の持ち方は、我々の究極の目的である”幸せな人生”の根本でもあるのだ。

ちなみに、”ミニ健康講座”で教えていた、”意識”へのアプローチの方法は、正心調息法を中心に、”言葉を支配する”、”瞑想”、”正しい知識”等である。

|

« 訳者からのお礼のメール | トップページ | 大東亜戦争の意義 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135474/58327139

この記事へのトラックバック一覧です: アニータ・ムアジャーニの珠玉の言葉2:病気の原因とは?:

« 訳者からのお礼のメール | トップページ | 大東亜戦争の意義 »