« 驚くべき脳外科医の臨死体験 | トップページ | 糖質制限食の意義 »

2013年11月 1日 (金)

アニータ・ムアジャーニの珠玉の言葉3:究極の願望実現法

”状況が困難に思えたら、それを物理的に変えようとするのではなく、まず自分の内側の世界を調べるようになりました。”

”もし物理的レベルで物事を解決しようとすれば、余計に進行が遅くなる事を知っていました。”

”何かを追いかける行為は、恐れから生じているのです。”

”今の私は、追いかけるのはやめ、ただありのままを受け入れています。”

”すべては一つなので、手に入れたいと思っているものはすでに自分のものだと知ることを意味するからです。”

”外側には、追い求め引き寄せるべきものは何も存在しません。宇宙は自分の中に存在し、私が内面で体験していることが、全体に影響しているのです。”

     「喜びから人生を生きる!」(ナチュラルスピリット社)

”待ちに待った名著”でも少し触れたが、通常の願望実現法は、実現したい状況を強く心に描いたり、念じたりする事を重視する。

しかし、アニータは”手に入れたいと思っているものはすでに自分のものだと知ること”が重要であり、”何かを追いかける行為は、恐れから生じているのです。”と主張する。

僕もアニータの主張に完全に同意する。

心に強くイメージを描き念じることも有効であるが、究極の願望実現法は、”心に浮かんだ正当な願望の全ては、既に心の中の宇宙に存在しており、我々がやるべき事は、感謝して受け取る事だけだ”と確信することであろう。

|

« 驚くべき脳外科医の臨死体験 | トップページ | 糖質制限食の意義 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135474/58491054

この記事へのトラックバック一覧です: アニータ・ムアジャーニの珠玉の言葉3:究極の願望実現法:

« 驚くべき脳外科医の臨死体験 | トップページ | 糖質制限食の意義 »