« 韓国軍の戦争犯罪 | トップページ | 最強の健康食品 »

2014年7月27日 (日)

地上に降り立った天使:エリザベス・キューブラ・ロス

アフィリエイトで紹介している”人生は廻る輪のように”は、世界的名著、「死ぬ瞬間」の著者、エリザベス・キューブラ・ロス医師の自伝である。

10年以上前に一度読んだのであるが、今回、読み返し、感動を新たにしている。

現在は、アフィリエイトで紹介しているハードカバーの本は絶版になり、文庫本になっているようだ。

一番後ろのブックカバーには彼女の写真が載っている。

その眼は、カメラを通してはるか彼方を見つめているようであり、その限りない優しさに満ちた笑顔には、どこか憂いが漂っている。

彼女の”命”に対する真摯で敬虔な態度には、同じ医師として本当に頭が下がる。

生前の彼女に、一度で良いからお会いしたかった・・。

社会や、家族からさえ見捨てられた人々(例えば、性病の末期の売春婦たち、治療不能と診断された精神病患者等)や、死の床にあり、恐怖や孤独に苦しむ人々に示される彼女の並外れた愛情は、彼女が天上から遣わされた天使であったことを確信させる。

この本の中では、多くの人生の終わりの場面が描かれているが、その静かで、安らかで神聖な最期には、本当に心が打たれる。

自分自身の死に関しては心の準備が出来ているのだが、他人の死に対しては、まだ十分に準備が出来ていない自分に気がついた。

本の中で登場する人々が静かに旅立って行くとき、見知らぬ過去の人々であるにも関わらず、身も世もないほどの悲しみを感じてしまうのだ。

”よく死ぬためには、自分に「どんな奉仕をしているか?」と問いかけながら、無条件の愛という目標をもって選択すればそれでじゅうぶんなのだ” (P253)

”いのちの唯一の目的は成長することにある。究極の学びは、無条件に愛し、愛される方法を身につけることにある。” (P374)

|

« 韓国軍の戦争犯罪 | トップページ | 最強の健康食品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135474/60053982

この記事へのトラックバック一覧です: 地上に降り立った天使:エリザベス・キューブラ・ロス:

« 韓国軍の戦争犯罪 | トップページ | 最強の健康食品 »