« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月26日 (日)

宇宙無限力の超活用4

5月出版予定の”宇宙無限力の超活用”が、ほぼ完成した。

今回の著書には、様々な特徴がある。

一つは、正心調息法をより親しみやすく出来るよう工夫した、様々なバリエーションを示した事だ。

正心調息法に関し、これ程詳しく解説した本は、他にないと思う。

もう一つの特徴は、正心調息法の際の正しい姿勢や、ありがちな間違った姿勢を写真で詳しく示した事だ。

過去の書籍にない3つ目の特徴は、大断言と大宣言を印刷した写真を上下2枚、かつ裏表2ページに印刷した事だ。

これは、一枚ずつ切り取って持ち歩き、表の写真の大断言や裏の写真の大宣言を時々見て唱えるきっかけとなれば、と思って作成したものである。

あるいは、1ページ、そのまま切り取って、額に入れて机の上等に飾ってもよいと思う。

前著と今回の本で、正心調息法に対して僕の言いたいことはすべて伝えられたと思う。

塩谷先生、これまでのお導き、本当にありがとうございました。

ご恩は一生忘れません。

宇宙の無限の力が凝り凝って、真の大和のみ世が生り成った!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

宇宙無限力の超活用3

以前のブログで紹介した”世持神社”の写真を、次回の拙著、”宇宙無限力の超活用”に掲載してよいとの許可を、管轄する波上宮から頂いた。

波上宮には、心から感謝申し上げたい。

しかし、斉場御嶽の写真の方は、管轄する南城市から許可が下りず、使用できない見通しとなった。

これも、以前のブログで述べたように、斉場御嶽に鎮座まします神様からお許しを得て撮れた写真なのに、何故このような結果になったのか理解できない。

何とかして欲しいと、斉場御嶽の神々に祈りを捧げている最中だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

これほどに優しく、また強き女性2

アフィリエイトで紹介している”妻吉自叙伝 堀江物語”は、おそらく”無手の法悦”の原本と思われる。

既に絶版で、3000円程したのだが、思い切って購入してみて正解だった。

”無手の法悦”とは異なる、著者の別の顔が見えてくる。

例えば、両腕を失って間もなくの若い頃、事業で成功し、結構裕福で、かなり遊びまくっていた時期もあったようだ。

”無手の法悦”で受けた印象、”絶望と貧しさと忍耐だけのその後の人生”とは、全く異なる一面が窺える。

ある意味、ホッとした内容であった。

事件の関係者の、その後の人生についても書かれており、興味深かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 9日 (木)

ビットコインの衝撃

僕は、クリニックを経営している関係上、毎月多くの会社にお金を振り込む。

製薬会社、検査会社、家賃等々、その度に高い振込料を支払っている。

銀行員の代わりに振り込み手続きを行っているのだから、その分、手数料を頂けるのかと思ったら、逆にお金を取られるとは、今だに釈然としない。

しかし、ビットコインで支払いが出来るようになると、殆ど手数料がかからなくなる。

また、以前、外国へ送金した時、面倒な書類作成と、これまた高額な手数料が必要であり、おまけに相手にお金が届くのは、かなり先のことであった。

もし、現在、出稼ぎの外国人がやっているようにビットコインを使用すると、殆ど費用をかけずに、365日、24時間、短時間で外国へ送金できる。

また、我々がクレジットカードを使用する時、店側は、カード会社に3~7%の手数料を支払っているという。すなわち、その分、利益が減っているということだ。

店側は、ビットコインでの支払いに換えるだけで(費用は、かなり安価)、収入が自動的に数パーセント上がるという事だ。

将来、クレジットカードはなくなるに違いない。

さらに、現在、日米をはじめとして、各国はお札を刷りまくっている。通貨の価値に対する信頼性が揺らいでいるのだ。

その、強力な代替機能を有するのがビットコインなのだと思う。

実際、ギリシャ、キプロスの金融危機時、また、中国人の元からの資産逃避の手段としてビットコインが使用されたのであった。

アフィリエイトで紹介した”はじめてのビットコイン”は、2014年の出版であるが、数冊読んだ関連本のなかで、もっとも読みやすく理解しやすい本だ。

まだ、ビットコインについてよく分からないと言う方は、是非一読することをお勧めする。

ビットコインの将来性を確信した僕は、早速ビットコイン及び関連企業の株を購入した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 7日 (火)

これほどに優しく、また強き女性

アフィリエイトで紹介している”無手の法悦”を、数年ぶりに読み返した。

今回で3回目であるが、読む度に読後の感動が大きくなっていく素晴らしい本だ。

踊りが大好きで才能にあふれ、周囲からも将来を嘱望されていた17歳の乙女は、ある日突然両腕を失うという惨劇に見舞われる。

絶望の日々を、自らの力で至福の人生へ変えていった実話である。

涙なしには読めない。

人は、これほどに優しく、また強くなれるものだろうか。

このような素晴らしい女性が、つい数十年前まで日本に生きておられたことを、心から誇りに思うのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 5日 (日)

宇宙無限力の超活用2

今日、次著、”宇宙無限力の超活用”の文章の、2回目の校正を終えた。

なかなか良い出来だと思う。

正心調息法を行う際の、間違いやすい姿勢の例も写真で示した。

実践者は、是非参考にして欲しい。

正心調息法について人々に伝えたいことは、これでほぼ全て書き終えたと思う。

塩谷先生に、少しでも恩返しが出来たであろうか。

正心調息法と大断言、大宣言が、末永く人々に愛され、実践されることを、心から願うのである。

なお、出版は、1か月延びて、5月の予定だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 4日 (土)

ながら正心調息法

僕は、毎日、録画してあるテレビ番組を観る。

ニュースは勿論、動物関連の番組(動物が大好き)、興味のあるロードショウ等である。

その際、ただ観ているだけでは時間がもったいないので、その間、正心調息法を行っている。

勿論、”大宣言正心調息法”である。

そのため、毎日、かなりの回数、正心調息法を行っていることになる。

これを、”ながら正心調息法”と呼ぶこととする。

皆さんも、ぜひ試してみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »