« これほどに優しく、また強き女性 | トップページ | これほどに優しく、また強き女性2 »

2017年2月 9日 (木)

ビットコインの衝撃

僕は、クリニックを経営している関係上、毎月多くの会社にお金を振り込む。

製薬会社、検査会社、家賃等々、その度に高い振込料を支払っている。

銀行員の代わりに振り込み手続きを行っているのだから、その分、手数料を頂けるのかと思ったら、逆にお金を取られるとは、今だに釈然としない。

しかし、ビットコインで支払いが出来るようになると、殆ど手数料がかからなくなる。

また、以前、外国へ送金した時、面倒な書類作成と、これまた高額な手数料が必要であり、おまけに相手にお金が届くのは、かなり先のことであった。

もし、現在、出稼ぎの外国人がやっているようにビットコインを使用すると、殆ど費用をかけずに、365日、24時間、短時間で外国へ送金できる。

また、我々がクレジットカードを使用する時、店側は、カード会社に3~7%の手数料を支払っているという。すなわち、その分、利益が減っているということだ。

店側は、ビットコインでの支払いに換えるだけで(費用は、かなり安価)、収入が自動的に数パーセント上がるという事だ。

将来、クレジットカードはなくなるに違いない。

さらに、現在、日米をはじめとして、各国はお札を刷りまくっている。通貨の価値に対する信頼性が揺らいでいるのだ。

その、強力な代替機能を有するのがビットコインなのだと思う。

実際、ギリシャ、キプロスの金融危機時、また、中国人の元からの資産逃避の手段としてビットコインが使用されたのであった。

アフィリエイトで紹介した”はじめてのビットコイン”は、2014年の出版であるが、数冊読んだ関連本のなかで、もっとも読みやすく理解しやすい本だ。

まだ、ビットコインについてよく分からないと言う方は、是非一読することをお勧めする。

ビットコインの将来性を確信した僕は、早速ビットコイン及び関連企業の株を購入した。

|

« これほどに優しく、また強き女性 | トップページ | これほどに優しく、また強き女性2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135474/64872730

この記事へのトラックバック一覧です: ビットコインの衝撃:

« これほどに優しく、また強き女性 | トップページ | これほどに優しく、また強き女性2 »