« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月30日 (木)

宇宙無限力の超活用5

今日、”宇宙無限力の超活用”の完成本が出版社から送られて来た。

思ったより薄い本に仕上がっていたが、なかなかの出来だと思う。

特に、表紙の世持神社の写真や大断言や大宣言の写真カードは素晴らしいと思う。

きっと読者に気に入ってもらえるとだろう。

出版社によると、アマゾンでの予約開始が4月中旬、書店での販売が5月上旬になる予定だとの事。

皆さま、宜しくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月26日 (日)

高橋信次先生の真実

アフィリエイトで紹介している”誰も書かなかった高橋信次 巨星の実像”は、20世紀屈指の霊能者、信次先生に関する優れた著書である。

弟子たちによって書かれた多くの著書は、信次先生大絶賛で少し違和感を感じるところがあった。

しかし、この本では、著者は信次先生を無条件に受け入れる事無く、少し距離を保ちつつかなり客観的に書かれている。

それゆえ、かなり信ぴょう性のある信次先生像を描いていると思う。

僕自身が信次先生の直弟子に接して感じた違和感を、著者も感じていて、痛烈に批判しているところは興味深い。

信次先生亡き後の、弟子達やGLAの混乱ぶりも初めて知ることが出来、大変参考になった。

また、信次先生を踏み台にして大きな教団を設立している某教祖についても書かれている。

信次先生に関心のある人々、必読の書である。

それにしても、同時代に塩谷信男先生、中村天風先生、浅見宗平師、笹目秀和師等の霊的巨人が何人も存在していたのに、お互いに交流を持った形跡が見えないのは、どういうわけであろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月25日 (土)

幹部に読ませたい本

僕のクリニックは、ある薬品会社の所有する建物にテナントとして入っている。

その関係で、拙著”すべてを叶える「宇宙無限力」”を、その会社の社長に贈呈してあった。

先日、そこの幹部社員の方がクリニックに挨拶に来た。

彼曰く、「社長が先生の本を幹部社員に配って読ませているんですよ。」との事。

僕の本は、特に経営者に人気があるようだ。

僕もクリニックを営む経営者だからよくわかるが、経営者の関心事は、会社の経営が上手く行き、順調に利益を上げる事、健康維持・増進、能力開発等である。

これらの関心事に対する答えが載っているのが拙著なのだ。

先日、このブログでも取り上げたホテルの従業員の方と知り合う機会があった。

「応援しています、と社長に伝えて下さい。」との言葉を添えて、社長に拙著を贈呈したのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

人間と空手の無限の可能性

ないものだけを数え上げ、自らを不幸と思い込んでいる人々に、次のYou Tubeを見て欲しい。

https://www.youtube.com/watch?v=bnXZ56hOKOM

人間と空手の無限の可能性を感じずにはいられない。

何故か、神への感謝の念が湧きあがって来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

幸福になる技術

アフィリエイトで紹介している”宇宙の法則と調和して生きる方法”の原題は、”Zen and the art of Happiness”である。直訳すれば、”禅と幸福になる技術”(あるいは方法、テクニック)である。

本当に素晴らしい内容だ。

この本のエッセンスは、こうだ。

どんなに悲惨と思える出来事が起こっても、

”このことからどんな良いことが起こるのだろう?”

と考えるのである。

本の中で、著者の実際の経験が述べられている。

突然の事故で大けがを負い、脊髄損傷のため頸部から下の麻痺をきたし、泥の中に横たわっていた時、彼が考えていたのが、

”このことからどんな良いことが起こるのだろう?”

である。

実際、この後、この事件を契機に、彼は大きな幸運を手に入れるのである。

彼は、こうも述べている。

”自分に起こることのすべてが、起こり得る最善の出来事である、という真実を確信するようになると、人生が楽しくてしょうがなくなります。”

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土)

3.11に唱える大断言3

テレビでは、6年前の3.11の映像が何度も放映されている。

映像を見ていると、当時の体験がよみがえり、やりきれない気持ちになる。

大断言を繰り返して、折れそうになる自分を励ましていた事が、まるで昨日のように思い出される。

思いがけず亡くなられた方々の無念の思いは、いかばかりであっただろうか。

また、残された家族・関係者の方々の悲しみは、いかばかりであっただろうかと思うと、心が痛む。

その後、二度とこのような事が起こらないよう、大断言を熱心に唱え、神前での祈りを捧げていたのだが、再び熊本地震が起こってしまった。

自らの非力を痛感したのであるが、なおも熱心に、大断言と祈りを続けている。

今日は、東日本大地震だけでなく、熊本地震、阪神淡路大地震、過去の幾多の災害・戦争等で、不慮の死を遂げたみ霊のために大断言と祈りを捧げたい。

神の無限の力が凝り凝って 真の大和のみ世が生り成った!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »