« 北欧の旅 | トップページ | ありがとうの奇跡 »

2017年9月 9日 (土)

松緑神道 大和山

現在、松緑神道(本部:青森)の教祖伝、”松風の翁”(全8巻、絶版)を読みふけっている。

 

松風とは、教祖のお名前(大和松風 本名:田沢清四郎)である。

 

その奇跡に満ちた生涯と、呼べば応える神の不思議。

 

教祖は自信満々で言う。

 

「この神は、まず試せと言われています。もし試しても効かなければ信じなくて結構です。」

 

 

 

同時代に生きた大本教の出口王仁三郎は、青森を訪れた際、その神の偉大さを知り、「決して、大和山の神の悪口を言ってはならない!」と、何度も弟子たちに言い聞かせたほどであった。

 

そして、本を読んでいる間に、重大な事に気がついた。

 

僕の通った小学校の校歌は、以下の如くである。

 

みどり(緑)に色はえて  朝そよぎさわやかに

 

 希望のひかりさんぜんと・・・・”

 

 

 

なんと、まるで松緑神道の歌のようではないか。

 

 

 

また、教団のご祭神は”大和山大神”(やまとやまおおかみ)と称され、キリスト教や仏教、神道の神、全ての神を総称しているのだが、なにかピンと来ないだろうか?

 

大断言では、

 

”真の大和(だいわ)のみ世が生り成った!”

 

と唱える。

 

大和(だいわ)を”やまと”と言い換えると、

 

”真の大和(やまと)のみ世が生り成った!”

 

となる。

 

すなわち、”大和山大神のみ世”が生り成った、との暗示とも受け取れるのだ。

 

 

 

早速、青森にある松緑神道 大和山の本部を訪れることにした。

 

2018年7月に行った、正心調息法の沖縄講演会をYou Tubeにアップしました。

https://www.youtube.com/watch?v=mJmf_W0Jp0U

|

« 北欧の旅 | トップページ | ありがとうの奇跡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松緑神道 大和山:

« 北欧の旅 | トップページ | ありがとうの奇跡 »