« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月27日 (月)

驚くべき事実、”葬られた「第二のマクガバン報告」”

”リフレッシュの森”で断食合宿中、そこの本棚に置いてあった、”葬られた「第二のマクガバン報告」(上)、(中)、(下)”を読んだ。

アメリカ政府が莫大な費用と年月をかけ、行った調査研究、”、”マクガバン報告”と”チャイナスタディー”の結果ついて書かれた本だ。
そこに書かれている事実に度肝を抜かれ、夢中になって読んだ。

”肉、卵、牛乳、そして魚さえも体に悪い”、”牛乳から作られたヨーグルトも同様に身体に悪い”、”これらの食物があらゆるガン、骨折、狭心症・心筋梗塞等の心疾患の原因となる”、”癌の進行は菜食で抑えれる”、”菜食で飼育したネズミは、動物性たんぱくで飼育したネズミの2倍、運動量が増えた”等々、僕が知らない事実のオンパレードであった。

僕は、肉は、食べ過ぎてはいけないが、少しはとった方が良いと思っていたので、特に高齢のやせている患者には、「もう少し肉や卵等の栄養のあるものを食べた方が良いですよ。」と勧めていた。また、自分自身も「たまには肉を食べなくっちゃ。」と思って、週に2、3回は意識してハンバーグやステーキを食べていた。

この本を読んだ後は、殆ど肉を食べなくなった。また、これまで毎日のように食べていた、牛乳から作られたヨーグルトはまったく食べなくなった。

現在は、豆乳ヨーグルトに切り替えている。

このような事実は、医学部で教えられることはなく、また、殆どの医師も知らない。

今の医学は、”病気になってしまった人々を如何に治療するかに夢中であり、何故、患者がそのような事態になったのかを真剣に考えてはいない”。

その理由は、、”葬られた「第二のマクガバン報告」 ”の下巻に書かれている。

要するに、肉や牛乳の業界、飼料、農薬、さらにはそのバックにいる石油等のエネルギー業界が存在していて、これらの重要な情報は一般の人から隠されているのだ。

そして、テレビを含めたマスコミでは、ステーキを始めとした肉食礼賛で埋め尽くされている。

これらの本は、全ての人々、特に医療関係者には、是非読んで欲しい本だ。

なお、”葬られた「第二のマクガバン報告」(上)、(中)、(下)”は絶版となっているが、一冊にまとめられた”チャイナ★スタディー ”が、グスコー出版から購入できる。

| | コメント (0)

2019年5月12日 (日)

断食合宿

ゴールデン・ウィークは、7泊8日の断食合宿へ参加した。

埼玉県にある、”リフレッシュの森”という施設であるが、とても素晴らしい体験であった。

http://danjikidiet.com/about/

以前から”断食”に興味があったのと、断食をすると瞑想が深まるという事であったので、ダイエットも兼ねての参加であった。

心配していた空腹感は殆どなく、約7kgの体重減であった。

講座も色とりどりで、ノルディックウォーキング、キック&パンチ、フラメンコ、フラダンス、フェルデンクライス、自力整体、ヨガ等、退屈する暇がなかった。

また、多くの有用な本が置いてあり、これも有り難かった。

滞在者の半数以上はリピーターの方々で、この施設が、滞在者に気に入られていることがよく分かった。

代表の谷氏に、拙著、”すべてを叶える「宇宙無限力」”、”宇宙無限力の超活用”を贈呈したところ、すぐに読まれて大変感動して下さった。

谷氏に請われて、スタッフ、滞在者を相手に、約1時間、講義を行った。

また、機会があれば、訪れたいと思った。

 

 

| | コメント (0)

2019年5月 1日 (水)

令和元年、元日(5月1日)

平成31年最後の日となった昨日の夜、入浴して身を清めた。

午後11時50分頃から正心調息法を開始し、11時55分頃から令和元年0時5分頃まで大断言を唱え続けた。

大和のみ世の実現を、心から念じた。

その後、神前で、令和のみ世の初めての祈念を行った。

日々のご守護に対するお礼と伴に、知らず知らずに犯すご無礼、先祖の犯しましたご無礼をお詫びした後、全神霊界、全宇宙、地球、日本、天皇陛下と皇室の方々、僕と関わる全ての人々(このブログの読者を含む)の調和と繁栄を祈った。

その後、就寝。

翌朝、神前での祈念を行った後、松戸の一神宮へ向けて出発した。

令和元年の初参拝を感無量のうちに行ったのだが、参拝を行った後、ふと見ると、大きな美しい蝶が傍を舞っていた。

神様からの歓迎のお知らせだと悟った。吉兆だと確信し、嬉しくなった。

実際、その後、思ってもなかった素晴らしい出来事があった(事情により、詳細は報告出来ません)。

本当に、素晴らしい令和元年初日であった。

皆さまは、この祈念すべき日を、どのように過ごされたでしょうか?

 

 

 

 

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »