« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月24日 (日)

神は、現代も、生きて、働いているか?6 :古代神道一神宮

毎年楽しみにしている”講社だより”の令和元年度版が発刊された。

いつもの様に素晴らしい内容であるが、特に目を引いた記事が、アルツハイマー型認知症の治療薬、”アリセプト”の開発者である杉本八郎博士の手記である。

アリセプトといえば、世界中で知らない医者はいないだろうと思われる、世界初のアルツハイマー型認知症の治療薬である。

その杉本博士が、一神会の熱心な信者であるとは驚きであった。

そして、自らの癌からの生還のお礼のため、現在でも月に一度は、助けを必要としている他の方の為に、お百度参りをしていると言う。

何という信心深さであろうか。

真の学者とは、氏の様な方を指すのである。

科学を追及して行くと、神の実在を実感せざるを得ないのである。

なお、浅見宗平師の一連のご著書は勿論、”講社だより”も、一般の人でも自由に購入できる。

興味がある方は、一神会に連絡してみる事をお勧めする。

電話:047-341-2223

 

2018年7月に行った、正心調息法の沖縄講演会をYou Tubeにアップしました。

https://www.youtube.com/watch?v=mJmf_W0Jp0U

 

 

| | コメント (0)

2019年11月17日 (日)

反日種族主義:完売

昨日、以前のブログで紹介した”反日種族主義”を購入しようと、近所の3つの大型書店を訪れたが、いずれも完売との事であった。

アマゾンでも売り切れで、購入できない。予約しておくべきだったと後悔している。

ただ、驚くべきは、アマゾンでもコメントが、すでに45件もある事だ。いかに反響が大きいかが分かる。

コメントを読んでみるのも、結構参考になる。

そのコメントに書かれていたが、この本の内容は、以前のブログ、”慰安婦問題を考える”で紹介した、以下のYou Tubeの内容を文字にしたものだと言う。

https://www.youtube.com/watch?v=WCxIQCBdj34

本が購入できるまでは、このYou Tubeを参考にして欲しい。

ただ、コメントにも書かれていたが、是非、英語訳の本も出版して欲しいと思う。

世界中の人々に知って欲しいのだ。

 



 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年11月11日 (月)

祝賀御列の儀

昨日の”祝賀御列の儀”は、本当に感動的で素晴らしいものであった。

多くの人々が、「日本人で良かった!」と思ったに違いない。

神に選ばれしこの国の弥栄を祈らずにはおられなかった。

ただし、日本人として、過度な優越感を持つことは控えなければならない。

たまたま、今生で日本人として生まれてきただけであって、我々は皆、過去、様々な国々に転生を繰り返してきたのだから。

我々は、皆、”時空の旅人”なのだ。

| | コメント (0)

2019年11月 6日 (水)

    僕は、暑がりで汗かきである。

真冬の夜でも、短パン、Tシャツでテニスをする(スクール)。

スクール後、そのままの格好で、近くのスーパーによるのだが、

他の客は皆厚いコートを着けており、僕を見て、ギクッとする。

少し、あぶないオジサンと思われているのかも知れない。

ところで、汗をかき始めて間もなくに、Tシャツにミッキーマウスが浮かび上がってくることがある。

するとテニス仲間の女性たちが集まって来て、「あ、かわいい~。」と言ってくれる。

勿論、僕にではなく、汗に対してである。

Photo_20191106222201(この写真は、昼間撮ったもの)

さらに汗をかくと、ハート形となる。

Photo_20191108225701

 

 

| | コメント (0)

2019年11月 3日 (日)

慰安婦問題を考える

最近、あいちトリエンナーレにおける展示物をめぐって慰安婦問題が再び注目されているので、参考となるYou Tubeを紹介したいと思います。

僕も、慰安婦問題に関する知識が深まりました。

是非、ご視聴し、拡散して下さい。

 

激論! 桜井誠 vs 韓国MBC 慰安婦問題の真実が今明らかに

 

慰安婦問題に関する歴史的な経緯が、とても分かりやすく学べます。

https://www.youtube.com/watch?v=YKWLT3AAt3E

 

特別番組】韓国人が暴く反日韓国の嘘 -「李承晩TV」より-[R1/9/26]

 

韓国人学者の立場から、慰安婦問題に関して、様々な角度から、しかもデータを駆使して、冷静に考察している秀逸な主張です。

 

https://www.youtube.com/watch?v=WCxIQCBdj34

 

 

11月14日には、韓国でベストセラーとなった、”反日種族主義”の日本語訳が発売される予定です。

僕も購入し、読んでみようと思っています。

 

 

 

 

| | コメント (0)

首里城消失に思う

首里城の火事のニュースを初めて見た時、ショックを受けた。

その後に見た、首里城の柱が崩れ落ちる映像には、胸が締めつけられる思いであった。

自分の中にある大切なものの一部も、同時に崩れて去った気がした。

全ての沖縄県民が、そのように感じたに違いない。

何故、このような事が起こったのだろうか?

いろいろな事を考えさせられた。

最初、沖縄の将来に何か不吉なものを感じた。

首里城の消失が、沖縄の将来を暗示しているような気がして・・・。

しかし、すぐに神からのインスピレーションが与えられた。

僕が尊敬する、金光教のスーパースター、故湯川安太郎師の”湯川安太郎信話”集に載っていた話を思い出したのだ。

ちなみに、湯川安太郎師は、金光教の言う天地の主宰神、”天地金乃神”様と自由自在に会話できる能力を持っておられた。

概略は以下の如くである。

ある時、大阪にある大きな金光教の教会が火事になり、全焼した事があった。

湯川師は、早速、信者の家に身を寄せている教会長の元を訪れた。

湯川師「この度は、大変でしたな~。何か、持ち出す事はできましたか?」

意気消沈した教会長「いいえ。持ち出せたのは鍋だけで、殆ど着の身着のままです。」

湯川師「そうでしょう。そうでなくちゃあいけません。さあ、今回の事について、神様にお礼申しあげましょう。」

教会長「え、お、お礼ですか・・?」

湯川師「そうです!本来なら家族全員の命が取られるべきであったものを、神様が、教会を焼く事によって”まつりかえてくれた”のです!素晴らしい事じゃないか。教会なら、神様にお願いして、もっと大きなものを建てて貰ったらええねん!」

実際、数年以内に、さらに大きな教会が建ったとの事。

 

沖縄県民よ、意気消沈してはいけない!

将来、沖縄県民に降りかかる予定であった大惨事を、神様が、沖縄の象徴である首里城を焼く事によって”まつりかえてくれた”のだ。

その証拠に、あれ程の大火事にもかかわらず、人的被害は全く出ていない。

神様にお願いして、もっと素晴らしい首里城を建てて頂こうではないか。

微力ながら、首里城復興に寄付をさせて頂く事を決意した。現金と共に、ふるさと納税も利用して、寄付するぞ~!

 

追伸:11月3日、18時20分現在、ふるさとチョイスの”沖縄のシンボル「首里城」再建支援プロジェクト ” では、既に目標額の1億円を超える金額が集まっている。全国の皆様のご厚意に、涙が出そうだ。

追伸2:度重なる台風や豪雨の被災者にも、皆で援助の手を差し伸べようではないか!

 

2018年7月に行った、正心調息法の沖縄講演会をYou Tubeにアップしました。

https://www.youtube.com/watch?v=mJmf_W0Jp0U

 

 

 

 

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »