« スクワットの奇跡 | トップページ | 驚くべき体力:正心調息法の威力2 »

2019年12月17日 (火)

驚くべき体力:正心調息法の威力

先日の休日の一日。

午前、午後とテニスで汗を流した後、いつもの如くジムへ行き、少しきつめの空手の練習を行った。

適度に疲れたので、シャワーを浴びて帰宅しようと思ったのだが、ふとルームランナーが目に入った。

「最後に、1km程走って終ろうか。」と思い、早速ルームランナーで走り始めた。

ところが1km走っても全く疲れないし、息も切れない。おそらく脈拍もあまり上昇していなかったと思う。

「では、2km走って終ろう。」と思い直した。

しかし、2km走っても、やはり全く疲れない。

「では3km。」と思ったが、やはり疲れない。

「こうなったら、5km走ろう。」と思ったが、途中でマシンが止まってしまった。

仕方なく、そこで、その日の運動は終了となった。

しかし、この年令でこの体力は、医者の眼から見ても異常だ。

中年の今が、高校生の頃より体力が上だ。

もしかしたら、人生で最高の体力かも知れない。

正心調息法(とスクワット)の威力だと思っている。

 

2018年7月に行った、正心調息法の沖縄講演会をYou Tubeにアップしました。

https://www.youtube.com/watch?v=mJmf_W0Jp0U

 

|

« スクワットの奇跡 | トップページ | 驚くべき体力:正心調息法の威力2 »

コメント

いつも大変興味深く読ませて頂いております。先生の体力は動物性タンパク質の肉や牛乳をお止めになったことが大きなことなのではないでしょうか?植物の凄さは間違いないと私は思ったのですが、如何でしょう。

投稿: アイリス69 | 2019年12月20日 (金) 16時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スクワットの奇跡 | トップページ | 驚くべき体力:正心調息法の威力2 »