« いま、香港で起きている事 | トップページ | 院長の不思議体験13: ミャンマーの大僧正 1 »

2020年7月13日 (月)

現在の株価、金価格について

 コロナウイルスによる経済的な混乱にもかかわらず、株価は上昇を続けている。また、金価格は過去最高値に迫っている。

これらはバブルであり、もうすぐ弾けるとするアナリストが少なくないが、事は、それほど単純ではないようだ。

コロナウイルスによる経済へのダメージを和らげるため、日銀を含む各国の中央銀行が膨大なマネーの供給を行っている。

そのため、市中にお金が溢れており、それが株や金に流れ込んでいるのだ。

つまり、株や金の価値が上昇しているというよりは、”お金の価値が下がっている”というのが、本質である。

市中に出回っているお金の総量を考慮してみると、実は、”現在の株や金は割安”なのである。

その様な事情も考慮しながら、投資をしていこうと思う。

このような”異常事態”がいつまで続くのか、誰にも分らない。

言うまでもなく、投資は自己判断でお願いします。

|

« いま、香港で起きている事 | トップページ | 院長の不思議体験13: ミャンマーの大僧正 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いま、香港で起きている事 | トップページ | 院長の不思議体験13: ミャンマーの大僧正 1 »