2011年3月25日 (金)

大切なお知らせ

地震の影響のため、アマゾンからの「宇宙のパワーを呼び込む生き方」の販売が困難となっているようです。

出版社の本心庵(http://www.honsinan.jp/index.html)から直接購入して下さい。

宜しくお願い申し上げます。

ー>4月3日現在、アマゾンからの販売は、通常通り再開されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月22日 (日)

斉藤一人さん、最高!

 アフィリエイトで紹介した本、「斉藤一人、億万長者論」(KKロングセラーズ)は、本当に素晴らしい本だ!

 斉藤一人さんと、その9人の弟子達の講演が収録されているが、眼からウロコの事が多く収められている。

 その中でも、斉藤一人さんが語る、彼の母親の教えには、本当に心を打たれる。

中学時代、一人さんは、昼頃まで寝ていて(夜遅くまで、読書をしていたからとの事)、その後、登校するわけだが、遅れたにもかかわらず早退する、という毎日だったそうだ。

 彼の母親は、そんな彼の生活に対し、一言も叱らず、こう言ったそうだ。

 「お前ほど学校に向かない人は見た事がない。お前は、きっと社会向きなんだよ。大人になったら、きっと成功するよ。」

また、こうも言ったとの事。

 「お前は、得意な事が何にもないから良いよ。ヘタに得意な事があると、それに囚われ、返って、うまくいかない事が多いんだよ。お前は、得意な事がないから、何でも出来るんだよ。いつも、時代にあった事をしていなさい。そうすれば、お金に困る事はないよ。」

 さらに、ある時、一人さんは母親から、

 「ボクちゃんは、大人になったら、何になりたいの?」

 と訊かれたそうだ。

 一人さんは、

 「考古学者になりたい!」

 と、答えたところ、

 「考古学者も良いかも知れないね・・。でも、いくら凄い発見をしたと言っても、所詮、過ぎた事だからねぇ。」

 と言ったとの事。この一言で、一人さんは、考古学者になるのをやめたと言う。

 彼女は、過ぎた事には全く拘らず、常に明るい現在と未来を見つめる人だったに違いない。まさに、この母親にして、この息子である!

 いつか、また、一人さんにお会いしてみたいなぁ。きっと会える気がする!

以下は、院長がダイエットのため、現在使用中の商品です。

効果を実感しているため使用継続中です。過去20年間、徐々に増え続けてきた体重が、現在、約3ヶ月で4kg減です!

ヒューマンライフSHOP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 5日 (月)

幸せな人生の基礎

前回、言い忘れたが、僕は自己啓発オタク健康オタクでもある。様々な健康食品、健康グッズ、自己啓発グッズを試し、また、セミナーや講演会に出まくっている。

 今回から財テクについて、僕自身の経験を語ろうかと思ったが、とても素晴らしい健康関連の本を読んだので、今日はそれを紹介したい。

 幸せな人生を手に入れるにあたって、最も重要なものは健康である。病気がちだと、せっかく富や名声を手に入れても、それを十分に楽しむ事は出来ない。逆に、健康な身体さえあれば、現在経済的に苦しくても、将来挽回できる可能性は十分ある。

 今回紹介したい本は、「病気にならない生き方」(サンマーク出版)と言う著書である(アフィリエイト参照)。著者は胃腸内視鏡外科医としてアメリカ(及び日本でも)で活躍している日本人医師である。約40年間、症例にして30万例以上を検査し、治療にあたった経験に基づく著者の主張は、かなりの説得力を持っている。
 牛乳を多く摂取する人々に逆に骨粗しょう症や骨折が多いこと、マーガリンが体に悪いこと等は知っていたが、お茶やヨーグルト等まで健康に良くない可能性があるとする著者の主張は意外であるが、一考に値する。
 また、著者は動物性蛋白の摂取をできるだけ少なくするよう主張しているが、その中には魚類まで含まれているのが意外であった(水銀の問題ではない)。
 ただ僕は、肉食を減らす事については、単に健康上の問題だけでなく、倫理上、また環境破壊を考える上からも重要であると以前から思っていた。例えば牛肉は、同じカロリーの穀物を生産する時と比べ、約10倍のカロリーの飼料と数10倍の重量の水が必要となるとの事。世界中に、飢えている人々や水不足に悩む人々が溢れている中、”一部の裕福な人々”(殆どの日本国民が含まれます)のみが贅沢な食事を楽しんでいて良いのだろうか、と疑問に思うのである。さらに、牛肉の需要に答えるため、今この瞬間も、広大なアマゾンの密林が牧場を作るために焼き払われているのである。その煙は、スペースシャトルからも見えるほど広大なものなのだ。
 

 僕は、以前から肉食を減らしつつあったが、この著書を読んでからは、ベジタリアンを目指すのも悪くはないと思うようになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)