2017年10月 3日 (火)

ありがとうの奇跡

2日ほど前に、”遺伝子スイッチオンの奇跡 「ありがとう」を十万回唱えたらガンが消えました!”と、”「ありがとう」100万回の奇跡”(工藤房美 風雲舎)を読み終えた。

10月3日現在、ココログの障害で、アフィリエイトで紹介できないのが残念だ。

これまで、”ありがとう”の言霊の重要性を説いた本は数多く読んできた。

しかし、これ程心を打つ本は、これまでになかった。

これ程、”ありがとう”の言霊の重要性を、再認識させられたことは、なかった。

余命1ヶ月の末期の癌から、”ありがとう”を唱える事によって生還した著者の経験、その他の様々な不思議な出来事は、読む人の心を打つ。

早速、親戚、友人・知人へ配りまくっている。

是非、皆に読んで欲しい本だ。

アニータ・ムアジャーニ”喜びから人生を生きる!”に匹敵する本だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 9日 (土)

松緑神道 大和山

現在、松緑神道(本部:青森)の教祖伝、”松風の翁”(全8巻、絶版)を読みふけっている。

松風とは、教祖のお名前(大和松風 本名:田沢清四郎)である。

その奇跡に満ちた生涯と、呼べば応える神の不思議。

教祖は自信満々で言う。

「この神は、まず試せと言われています。もし試しても効かなければ信じなくて結構です。」

 

同時代に生きた大本教の出口王仁三郎は、青森を訪れた際、その神の偉大さを知り、「決して、大和山の神の悪口を言ってはならない!」と、何度も弟子たちに言い聞かせたほどであった。

そして、本を読んでいる間に、重大な事に気がついた。

僕の通った小学校の校歌は、以下の如くである。

みどり(緑)に色はえて  朝そよぎさわやかに

 希望のひかりさんぜんと・・・・”

 

なんと、まるで松緑神道の歌のようではないか。

 

また、教団のご祭神は”大和山大神”(やまとやまおおかみ)と称され、キリスト教や仏教、神道の神、全ての神を総称しているのだが、なにかピンと来ないだろうか?

大断言では、

”真の大和(だいわ)のみ世が生り成った!”

と唱える。

大和(だいわ)を”やまと”と言い換えると、

”真の大和(やまと)のみ世が生り成った!”

となる。

すなわち、”大和山大神のみ世”が生り成った、との暗示とも受け取れるのだ。

 

早速、青森にある松緑神道 大和山の本部を訪れることにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

アニータ・ムアジャーニの珠玉の言葉16:楽しむことと笑うこと

”私たちはスピリチュアリティを深刻に受け止めすぎて、人生から楽しみを奪っています。最もスピリチュアリティな行為とは、ありのままの自分でいること、自分自身と人生を愛することです。 その最善の方法は、楽しむことと笑うことです!”

もしここが天国だったら?」(ナチュラルスピリット社)

アニータの本で、心に響いた言葉を書き出したノート、”アニータ・ムアジャーニの珠玉の言葉”は、僕の宝物だ。

2冊をプリントアウトし、1冊はカバンに入れ持ち歩き、いつでも読めるようにし、もう1冊は寝床の横に置いて寝る前に読んでいる。

様々なスピリチュアルな本があるが、アニータの言葉ほど心に響くものはない。読むと心が軽くなり、元気になるのだ。

アニータは、”楽しむこと””笑うこと”の重要性を何度も強調している。

毎日の生活の中の、”あたりまえの事”の中に、楽しみや感謝、喜びを見出したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月28日 (水)

”引き寄せの法則”決定版!

書店に行くと”引き寄せの法則”関連の本が多く並んでいる。

いろいろ読んでみた中で、アフィリエイトで紹介している「願えば、かなう エイブラハムの教え」が一番良かった。

「引き寄せに基づくこの宇宙では、焦点を合わせた対象はすべて引き寄せられます。」(P79)

「その事を考え続けたり、口にすると、波動が強くなります。」(P78)

"口にすると”と言う言葉に注意してもらいたい。

僕の経験からすると、言霊を発すると、その言霊は目標を達成するために飛んでいくだけでなく、自分自身の周りにもエネルギー体として漂っているように感じる。

そのため、日常生活の中で、気がついたらいつでも大断言大宣言、あるいは”ありがとう”の言霊を積極的に発する事にしている。

特に、大宣言の”永遠・無限の愛と感謝と喜びなり”の部分を唱える時、身体から眩い白光が発せられるのが心眼に映る。そのため、この部分だけを唱え続ける事もある。

そのような言霊のエネルギーは、バリヤーとなって個人を守護し、幸運を引き寄せるように思える。

そして、エイブラハムは、”感情”の重要性を、何度も説いている。

日常生活の瞬間々々に、どのような感情を抱いているかに注意する事を幾度も勧めているのだ。

「あなたには、”ソースエネルギー”との完全なつながりを自分が許可しているかどうかを感じる能力があります。

要するに、気分が良ければつながりを許可しており、気分が悪ければつながりを許可していません。」(P61)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月24日 (土)

小林麻央さんの死を悼む

小林麻央さんが亡くなったというニュースに接し、大きな衝撃を受けた。

愛する夫や可愛い盛りの子供達を残していくことが、どんなに心残りであっただろうかと思うと、とても胸が痛む。

しかし、麻央さん程幸せであった人も少ないと思う。

最後の言葉が、”愛してる”であった程、愛し愛され尽くした人生であったからだ。

僕は、麻央さんが、今、健康な身体(霊体)を取り戻し、ニコニコしながら、優しく家族を見守っていることを確信している。

以前のブログでも書いた事だが、僕の叔父が臨終を迎えた時、一時的に意識を回復したことがあった。

その時、彼は苦笑しながら、「せっかくいいところに行っていたのに、また、ボロの身体に戻っちゃったよ~。」と言ったという。

間もなく彼は望み通り、幸せな世界へと旅立ち、二度と戻ることはなかった。

数え切れないくらいの多くの人々に、勇気と感動を与えて下さった麻央さんに、心から感謝したい。

今度生まれてくる時は、人一倍平穏で幸せな人生を送れますようにと、神様にお祈り申し上げた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

アニータ・ムアジャーニの珠玉の言葉15:私たちは人生の創造者

自分は無敵であり、人生の創造者である。

もしここが天国だったら?」(ナチュラルスピリット社)

アニータは、少し油断すると、”自分は無敵であり、人生の創造者である。”と言うすばらしい感覚が失われ、昔の思考パターンや行動が蘇って来ると警告しています。

”ジタバタしたい!”で述べたように、願望実現に邁進する事は素晴らしい事だけど、100%巻き込まれてしまってはいけない。

この世的に成功しようと、失敗しようと、我々の本質とは何の関係もない。

常に”大宣言”を唱え、自分の本質を思い出そう。

”我は(神の子)、全知全能にして完全・無欠、永遠・無限の愛と感謝と喜びなり!”

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

修行開始2

”ありがとう”を唱える事に、時々、マンネリを感じる時がある。

最近は、そんな時、次のような”ゲーム”をすると結構面白く続けられる。

”ありがとう”を唱える事に退屈さを感じ始めたら、

”とにかく、すべてにありがとう”、”何にでも、ありがとう”、”なにがなんでも、ありがとう”、”無条件に、ありがとう”、”永遠に、ありがとう”、”いつでも、どこでもありがとう”、”後先考えず、ありがとう”、”つべこべ言わずに、ありがとう”、”ガタガタ言わずに、ありがとう”(だんだん、下品になってきました・・・)

等々、思いつくままに、連想ゲームのように唱えていると、面白くなり、結構夢中になれる。

皆さんも、試してみては?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

ラマナ・マハルシの臨終の際の言葉

前回のブログでエックハルト・トールとディーパック・チョプラのDVDについてコメントした。

その中で、エックハルト・トールが述べていた、とても素晴らしく興味深い、ラマナ・マハルシのエピソードを紹介しよう。

マハルシがいよいよ臨終をむかえようとしていた時、弟子が言った。

「先生、行かないでください!」

するとマハルシは答えた。

「行くって、何処へ?」

さすが、マハルシだと思った。

彼には、永遠の存在である自らの本質しか観ていなかったのだ。

もし僕がその場にいたら、こう言っただろう。

「先生、まだ肉体の衣をお脱ぎにならないでください!」

もしかしたら、マハルシは、こう答えたかもしれない。

「では、そうするか。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

GWはカゼで自宅にこもっている。その心境は?

連休直前より体調を崩し、一昨日まで40度近くの高熱を繰り返していた。

従って、ゴールデンウィーク中は自宅で寝たり起きたりの生活である。

その心中を述べると、以下の如くになる。

1.旅行代金の40数万円が浮いたと思って、内心ほくそ笑んでいる。

実は、ゴールデンウィーク中は40数万円かけて、ある場所へ旅行することになっていたが、正式に予約してなかったので良かった!

このお金を株式運用に追加しよう!

2.癌細胞が消えて行くのを感じて、シメシメと思っている。

体温が39度を超えると癌細胞が崩壊して行くと言われている。

40度になっても結構元気な僕は、その最中、僕の体に潜んでいる癌細胞が消滅して行くのを感じ、シメシメと思っている。

時々高熱出して、癌細胞を滅ぼすのも悪くないと思っている。

もちろん、僕のような体力のある人限定です。

今回の発熱は、僕の体の中に潜んでいたた癌細胞を一掃する神様の計らいと思って感謝している。

3.体重が減って、大喜びしている。

この1週間ほどで体重が4kg強減り、大喜びしている。このまま、20歳ころの60kg台まで一気に減らそうと目論んでいるが、果たしてうまくいくかどうか。

4.観たかったDVDや録画していたテレビ番組をたくさん観れて、大満足している。

以前から買ってあった、”あるヨギの自叙伝”の著者、パラマハンサ・ヨガナンダ師のDVD、”永遠のヨギ―”や、本の付録としてついていた、エックハルト・トールとディーパック・チョプラ、そして飛び入り参加のウェイン・ダイアーの講演・対談DVD等、とても良かった。

旅行に出かけたいたら、観るのはいつになっていたか、わからない。

5.ながら正心調息法が何回も出来て、大満足している。

DVDや録画してあるテレビ番組を観ている最中、新著”宇宙無限力の超活用”で紹介している”ながら正心調息法”をかなりの回数できて、満足している。

実行している人は実感していると思うが、スポーツ等と同じで、やればやるほど要領が分かり、効果をより実感できるようになる。

6.読みたかった山積の本をたっぷり読めて、大満足している。

読みたい本を日々購入するのだが、最近、読み終える速度より購入する速度が速く、本がたまりにたまっている。僕の部屋は、”ごみ屋敷”ならぬ”本屋敷”と化してしまっている。

現在、本を読みまくっており、大満足である。

このような、超ポジティブ思考は、”大宣言正心調息法”の効果と思われる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月26日 (水)

宇宙無限力の超活用8:山本貴美子先生からお手紙

飛騨福来心理学研究所の山本貴美子先生へ、拙著、”すべてを叶える「宇宙無限力」”、”宇宙無限力の超活用”をお贈りしたところ、大変喜ばれ、ご丁寧なお手紙と共に、アフィリエイトで紹介している”科学革命 意識の本体”を頂いた。

この本は2009年にも紹介したのだが、とても素晴らしい本なので、もう一度紹介したい。

近代日本に実在した、宥明上人長南年恵師について、最も詳しく記載されている本の一つと思われる。

霊的な事柄に興味のある人は勿論、すべての日本人に読んで欲しい本だ。

僕は、奇跡の起こり方、真言を唱える事は本当に効果があるのか、弘法大師は、本当に今も生きて働いておられれるのか等を検討するうえで、大変参考になった。

なお、”科学革命 意識の本体”は、アマゾンで購入しようとするとかなり高価な中古品しか入手できないが、飛騨福来心理学研究所のホームページ(http://fukurai.net/)から直接購入すると、2350円で購入可能である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧